皇潤とヒアルロン酸

皇潤には、低分子によって体に吸収されやすくなったヒアルロン酸が配合されており、その作用が体の調子を整えることから、人気の高い商品のようですが、皇潤に配合されているヒアルロン酸とはどのようなものなのでしょうか。

 

まず、ヒアルロン酸とは体のいたるところに存在する成分で、皮膚や関節、目、靭帯などの多く含まれています。
最近は、女性の美容のために注目されている成分ではありますが、そのほかにも、関節がスムーズに動くのは関節の軟骨にゼリー状のヒアルロン酸が存在しているためですし、肌の弾力はヒアルロン酸が水分を含んで真皮の部分に尊大するためです。
また、骨や内臓のそれぞれの臓器を形成していたり、血管に弾力性を与えたりしているのもヒアルロン酸です。

 

このように、体のいたるところに存在し、重要な役割があるヒアルロン酸ですが、20歳ごろをピークに徐々に減少し、50歳代ごろにはピークの半分以下になってしまい、食品からは取りづらいので、50歳代ごろから関節痛や腰痛に悩んだり、肌の弾力が失われたりします。
ですから、皇潤のようなヒアルロン酸を配合したサプリメントを定期的に摂取した方がよいのです。

 

皇潤の特長でもある低分子のヒアルロン酸ですが、ヒアルロン酸はもともと分子が大きく、体に吸収されにくい成分ですが、低分子にすることで体に吸収されやすくなり、効果的に作用するのです。
そのため、徐々に体の調子がよくなったり、関節痛の痛みが軽減されたりすることを実感しやすいのでしょう。